犬も食べ過ぎは体に悪い

最近、我が家の犬が右胸の辺りがボコッとしてきて、特に痛がる様子もなかったのですが、大事を取って最初は3日間ぐらい様子を見ることにしました。ですが、日が経ってもその腫れのようなものは引っ込まず、さすがに心配になった私は動物病院に連れて行くことにしました。

そこで出た診断は「脂肪の塊」が体の外側にできたというもの。 そうなんです。我が家の犬、外見からはわからなかったのですが、室内犬ということもあり、体内脂肪がかなりついていたそうなんです。

その脂肪が塊となって、皮膚の内側にできたということでした。 私は変な病気ではなくて安心しましたが、そうすると、どのような対処法があるのか、先生に聞いてみることにしました。

先生は、とにかく晩に食べさせるエサを半分以下にし、やせすぎかなと思うぐらいの見栄えになってきて丁度いいということでした。早速、エサを半分以下にして様子を見ていると、どことなく痩せてきたような感じがしました。

それはそうです。前までエサ箱にたっぷり入っていたエサを半分以下に減らしたんですから。 まだまだ食べたいようですが、これもあなたのため、と言い聞かせ、エサを与えていません。

脂肪の塊は若干小さくなってきたのですが、まだなくなっていませんので心配ですが、この食事療法を続けさせようと思います。

スポーツ偏重でつまらなかった小学生時代

今はどうか知りませんが、私の育ったころの長野県の小学校というのは、中学受験などもちろんないし、生徒も素直、小学校ではスポーツばかりやっていた記憶があります。

スポーツといっても本格的なものではなく、体を使った遊びです。始業前といい、昼休みといい、放課後といい、ドッジボールばかりやっていました。あと名前は忘れましたが、とにかく集団で体を使う遊びを順番にやっていたのです。

私は第一これが苦手でした。ドッジボールで活躍したことなど一度もありません。ボールで痛いめにあったことはありませんが、何か本能的な恐怖感があり、どうしても積極的になれないのです。

ドッジ以外は軟式野球です。これも、クラスでチームを作ってやっていましたが、やはり全然ダメでした。

勉強や図画工作などはけっこう得意でした。典型的な文化系タイプなのです。でも小学校では活躍できません。また、私は勉強ができるくせに怠け癖があり、宿題を忘れたりはしょっちゅうで、先生からもあまりよく扱われませんでした。

そんな理由と、天性のやさしい人間性もあって小学校ではよくいじめられたりからかわれたりしました。もちろん今のいじめのような残酷で陰湿なものはありませんが、小学校というのは私にとってあまり居心地のいいところではありませんでした。

補正下着の効果に大満足

ずっとボディラインが気になっていたのですが、忙しくてシェイプアップをする時間が無く、何か手軽にすぐに効果の出るものはないかなとネットで色々な情報を集めていたことがあります。 ストレッチやマッサージなどだと時間が取られてしまうし、面倒くさがりの私には向いていないと思い、@スリムリフトカレスの口コミ・評判に書かれてあることを知り、補正下着に挑戦することにしました。

補正下着の魅力は、何と言っても着用した瞬間から理想のボディラインを作れることですよね。 鏡の前に立って自分の体系をチェックしてみたところ、私ってこんなにナイスバディだったの?と感じるくらい綺麗なラインで、思わずうっとりとしてしまいました。

キャミソールタイプの補正下着を選んだのですが、すごく着心地がよく、動きやすいので補正下着を着ていることを忘れてしまうほどです。 バストアップはもちろんですが、ウエストのクビレが全然違いますね。しっかりとサポートしてくれるのに、締め付けが全然無いんです。 通気性の良いものを選んだので、夏でも蒸れることなく安心して着用することができますね。

今はキャミソールタイプのものしか持っていないのですが、次はガードルタイプの補正下着を購入してみようと思っています。 骨盤の矯正にもなりますから、産後の体のケアにもよさそうですね。 まだ出産の予定はないですが、これ1枚あれば産後のボディラインの悩みもすぐに解決できそうです。

補正下着は女性の強い味方だと思います。 これからもよりよい補正下着を求めて、ネットや雑誌をこまめにチェックしていきたいと思います。

分散して使う当選宝くじのお金

どれぐらいの金額からかにもよりますが1万円ぐらいなら一つのことに使ってしまうかもしれませんが10万円以上になってくると私の場合は分散して使おうと考えています。

例えばいくらかは貯金、いくらかは遊びや食事などでぱーっと使って、後は投資といってもお金的な株とかだけでなく自己投資して勉強に使ったりするのもいいかと思いっています。まず貯金としてはせっかく当選したのだから全部使うのはもったいないので3分の1ぐらいを何かあったときやまとまったお金が必要なときのために貯めておきます。

少しでも残しておくと役立つときもいずれ来ますし、銀行に貯金するという方法は日本では保障されていて元本割れは決してしないので安心感もあります。そして2番目の例の出した、好きなものや好きなことに使うというのはこちらも自分で働いてやりくりしている日々の生活では贅沢だと思って使わないようなものに使いたいと思います。

そういう使い方が一番宝くじに当たったという実感がするのではないでしょうか。外食でちょっと贅沢なものを食べにいってもいいですし、時間が取れるのなら旅行にいってもいいと思います。これぐらいの贅沢は何百万もする贅沢でないので十分当選した範囲でまかなえると思います。

最後は、もっと今後の生活になるように投資や自己投資です。株などの金銭的な投資は余程お金に余裕がないとチャレンジしようとは思いませんがこういうときに意外に手に入ったものだったらダメもとでやってみることもできます。

自己投資なども何か習ったり、自分のためになるようなことに使うのも貯めこんだり贅沢に使ったりするのとは違う満足感ややる気にもつながるのでいい使い方だと思います。

私がロシアに行ってみたい理由

私には行ってみたい国があります。 その一つがロシアです。

ロシアというと多くの方が寒い国、大きな国というイメージを思い浮かべると思います。 また、革命や共産主義など、どちらかというと冷たいような感じを受けるのですが、私はロシアほど自然豊かで魅力的な国はないと思っています。

ロシアはその広大な領土故か住んでいる人種も多く、私たちと顔が似ている人々も多いといいます。 そのような方と一度会ってみたいとも思いますし、ロシアの極寒の地で生きている方の生活も垣間見たいとも思っているのです。

その他にもロシア極東のカムチャッカ半島にも行ってみたいと思っています。 カムチャッカ半島は北極圏に近い場所にありますので非常に寒いと思うのですが、火山もたくさんあり、質の良い温泉も湧き出しているのです。 日本では感じることができない、雄大の自然の中でできるならば温泉に浸かってみたいと感じるのです。

勿論ロシアの自然以外にも、モスクワなどの大都市圏にも行ってみたいとも思います。 モスクワにはロシア正教の教会が建っていますし、その独特の雰囲気を感じられるのではと思います。

私はこれらの理由から、ぜひロシアに旅行に行ってみたいと思っています。

導線つなぎとツーコンマイクの思い出

初代ファミコンの思い出その1 それはソフトをプレイしたことではなく、 ファミコンとテレビを繋ぐ作業でした(笑) 良く切れる導線を、カッターを使って新しい導線を出して繋ぎ合わせる… これによってカッター捌きがかなり良くなったと思います(笑)

それとツーコンの十字キーが使えなくなってしまったときも、 解体して、何とか使えるように改造しました。 女の子のやることではないですよね(笑) そこまでしてでも、ファミコンをプレイしたかったのです!

ファミコンの思い出その2 友達の家で、カラオケのソフトがあって、よくツーコンのマイクで歌っていました。 曲は、松田聖子の赤いスイートピー。 ファミコンによって覚えた歌です(笑)

また、たけしの挑戦状のゲーム内にあるカラオケにもハマりました。 カラオケがゲームの中でかなりのキーポイントだったので、 何度も演歌のような曲を歌ったのを覚えています。 あなたのためならどこまでも~♪ …今でも歌えます(笑)

子供の頃の思い出の中に、ファミコンの思い出がいくつもあります。 今でも夫とはファミコンの話をすることがあります。 それくらい、ファミコンの存在はとても大きかったです。 個人的ですが、ファミコンのあのピコピコした音源が好きで、 それが影響かわかりませんが、テクノポップが好きです♪